男性

ISO22000やPマークは生き残るために必要|時代の変化に対応

情報資産を守るための規格

PC

国際標準化機構が、組織のあらゆる情報資産を守るためのシステムを定めている規格がISO27001です。情報を守るための対策を明確にして実施し、その結果を確認しながら、システムの改善や向上を図るための国際規格です。情報資産の保護、顧客からの信頼を得るために取得する組織は増えています。

詳細

情報取り扱いの国際規格

PC

ISO27001は情報保護の観点の国際規格です。外部審査を経て認証される項目は情報の機密性と完全性、可用性が挙げられます。情報を取り扱う会社の多くはこの認証を取得しています。そして、個人情報に特化したプライバシーマークを同時に取得することで、より高い安全性をアピールすることが可能になるのです。

詳細

情報の漏えいから守る

IT

ISO27001は、組織が情報資産を守るために構築する、情報セキュリティマネジメントシステムです。情報漏えいの危険にさらされているため、活用する組織は多いです。システムの中では計画や方針、実施と運用、点検と監視、改善をしめすPDCAのプロセスを説明する必要があります。

詳細

消費者からの信頼を得る

ネット

時代の変化とともに重要に

景気が良くないときでも、比較的強いといわれているのが食品製造業です。しかし、食品製造はひとつ間違えると重大な事態を引き起こす心配があるので、安全管理には特に厳しいものが求められます。そこで着目されているのがISO22000です。昔はどこの町でも、町内の小さな商店や町工場のようなところで製造された食品がその町内で消費されていました。このように製造者も消費者もお互いの顔が見えるような流通のあり方であれば、問題は生じにくいといえます。しかし、現在は大規模な工場で大量の食品が生産されています。こうした現況から、食品の安全に配慮した企業として消費者の信頼を勝ち得るためにISO22000が注目され、導入されているのです。また、Pマークへの関心も高まっています。個人情報を守る上で、Pマークは欠かせないのではないでしょうか。個人経営から大企業まで、多くの会社が取り入れているのです。時代の変化に対応しましょう。

コンサルタントに相談を

ISO22000を取得すれば、食品に対して十分な危機管理を行っている企業としてのイメージアップにつながります。ISO22000はいったん取得すればそれで終わりというわけではなく、それにふさわしい企業努力を継続していく必要のあるものなので、企業としてもたえず向上し続けることができます。それが結果として消費者からの高い信頼に結びつくのです。ただ、ISO22000を取得したいと考えていても、どこからどう手を着けていけばよいかわからないという場合も多いでしょう。ISO22000を取得するには必要な知識が数多く存在するので、間違いのないように気をつける必要があります。そのため、ISO22000に詳しいコンサルタントに相談するとよいでしょう。